2014年1月

昨日、1月21日(火)胎内でスノーシューをしてきました。

ご一緒いただいたのは胎内スキー場のスキースクールが行っているスノーシューツアーのガイドをされている梁川さんと佐藤さん、そして妻カナも。

ロイヤル胎内パークホテル

ロイヤル胎内パークホテルのすぐ際の道からスノーシューを履いてスタートし胎内平に登り、丘陵地帯をぐるっと一周。

前半はかなり平坦ですが、後半は

”そうそうこういうのを待ってたんだよね!”

というべきアップダウン。いい感じのラインが引けました。

次回は1月31日(金)現地に行き、2月2日(日)に開催されるトレイルランナーズスノーシューカップ胎内大会のコース案内を設置してきます。(※当日現地参加申込みのイベントです。→胎内大会詳細

胎内平スノーシュー

やっぱり雪の森って最高。この日もそう思いました。

2月2日(日)は、思わず笑顔がこぼれる皆さまと一緒に、新潟の冬を最高に満喫する瞬間を、心ゆくまで味わいます。その日が今から楽しみです。


この日ももちろんこれ!やっぱりゴアアクティブシェルですね。

雪が降ったからこそ行ける森のどまん中。

そこから見上げるふわっと木々に積もった雪。

普段と変わらぬ時がそこには流れています。

この一瞬。その瞬間を感じられる空間がそこにはあります。

スノーシューラン

昨日、1月17日(金)、国営越後丘陵公園に行ってきました。

やっぱり雪はいいですね。森の中で見て、そして感じる雪は格別。

明日、1月19日(日)はいよいよ新潟のスノーシューシーンの幕開け。スノーシューカップが国営越後丘陵公園で開催されます。(当日現地受付のみ・大会詳細→スノーシューカップ長岡大会

最高の舞台が整いました。

雪国と言われる新潟のその由縁を改めて感じ、そこに生きる者の特権を今こそ利用するときです。

今、この時期だからできる、冬の新潟を最高に満喫しちゃいましょう。楽しみです。

雪男・雪女!


昨日はこれで雪の森を満喫してきました!

渡り鳥が土を求めて北にやってきました。

角田山

ここは角田山。

非公式コースなどを含めると一体何コースあるんでしょうか。角田山マスターの大島拓郎と一緒に色々周って来ました。

土のトレイル、雪、そして氷。山から海までかなり満喫してきました。

角田岬灯台

なんというかまさに旅。変化と刺激の多いコースでした。

角田山ってすごい!(←今頃かよ、ミタイナ)

大地と、山と一つになった感覚が昨日も味わえて最高でした。ありがとう角田山!そして大島さん!


昨日もこれで走ってきました!土だろうが、雪だろうが、氷だろうが、これで行っちゃいます!

夕日に向かって走る多宝山山頂付近みなさま、今年も最高に楽しい一年にしましょう!

ということで僕自身は、昨日も、なんとなく楽しそうだったので国上山-弥彦山-角田山を往復してきました。

大地、自然、そして自分自身と一つになる感覚。調和する感覚を味わってきました。

気持ちよかった!

影多宝山

夕方、弥彦山の隣にある多宝山の影が越後平野に映っていました。今年もたくさんの方に宝多き一年となりますように!!!


昨日もこれをインナー、上にゴアアクティブシェルを着て走ってきました。この時期は、稜線の風が本当に冷たいので重宝する一枚です。がんがん洗えるランニング用のダウンです。