2011年11月

八十里越

真っ白になった飯豊連峰。雪をうっすらかぶった守門岳。粟ヶ岳。

歴史の道。

八十里越

”八十里越”

ここ2,3年、ずっと気になっていたトレイルの一つ。

地図に載っているが一体、どこまでいけるのか、そしてどれぐらい走れるのか・・・

八十里越

先日ついに行ってきました、この歴史の道へ。

先人達がそれぞれ色々な想いを持って越えたのであろうこの道。何か感慨深いものがありました。率直な感想は、

”眺望がすばらしい”

ことと、

”こんな道を、草履とかで越えたのか~タフだな~”

ということ。また行ってみたいと思いました。

雪を被ったナメコたち

****************************
I ran in the Hachi-Jyu-Ri trail finally. It had been in my mind for last a few years. Then I finally made it.

It was really historic trail that was main route till a few decades ago. People went and came on foot or horses.

On the way, there were so many gland slides since it’s located in heavy snow area. So after every winter, you always need many big fixing trail constructions to maintain it. I passed heaps cliffs…

Well, it was simply quite adventuresome experiences since I imagined easier. But it was just fun after all.

Now, winter has come so it’s already under much snow. So in next spring, hope to go there again.

知らないコースを走る喜び。

それを十二分に感じることができました。

木漏れ日の中走る、鮮やかに色づいた紅葉の森。

突然開ける視界、遠くに白く雪を被った山々。

歓声が自然と心から溢れ出てきました。

講習会の翌日、大会はこの時期には珍しく快晴。

11月下旬にこんな天気にあてること自体、本当にすばらしいこと。これも参加者の皆さま、主催の新潟トレラン委員会のみなさま、そしてボランティアスタッフのみなさまの想いの賜物。

スタートゴールゲート

本当に幸せいっぱいの気分で走らせていただきました、里山活用プロジェクト秋葉丘陵トレイルランニングレース2011。関係者のみなさま、本当にありがとうございました。

途中、スタッフの皆さまの粋な計らいで約10分間のハンディキャップをいただきましたが、おかげさまでトップでゴールさせていただきました。

ゴール!

コース上にいた、ボランティアの方々が扮したたくさんのサンタクロースに一足早いクリスマスプレゼント

”すばらしい秋の一日”

をいただきました。関係者の皆さま、重ね重ね本当にありがとうございました。

実行委員をはじめボランティアのみなさま!

*********************************
It’s always big pleasure when I run in the new trail. I felt it on the race so much.

Suddenly I came to open space. Then I distantly could see mountains that covered by snow.

I naturally gave a glad cry from my mind.

On the race day, fortunately, it’s greatly fine weather but it’s quite rare in this season. It’s because of the organization committee and volunteers passion, I thought. Thank you so much!!!

As for the result, on the way, stuffs gave me 10 min handicap but I could manage to get the goal in the fast.

I got a beautiful X’mas gift from them. Again thank you so much!!!

全員集合!

土曜日、新潟トレラン普及委員会主催の秋葉丘陵トレイルランニングレースにて講習会を開催してきました。

室内講習(用具説明)

まずは約45分間、トレラン用具の説明。具体的には、専用用具は何が違うのかと、その選び方、そして、これから冬に向けてお薦めの道具の紹介、さらには補給方法など多岐に渡りました。

その後は外へ移動。

外へ移動

翌日大会のコースとなっているトレイルにて約1時間の講習。

トレイルでの講習"

実際にみなさんで走りました。

ランラントレイルラン♪

そして翌日の安全祈願。

安全祈願

偶然にもこの神社の神主さまの親戚の方がメンバーにいらっしゃったのでこの神社のことを色々と教えていただきました。こういった出会いがあるのもトレイルランニングの魅力の一つ。

皆さまと楽しい時間を過ごさせていただきました。ご参加いただいた皆さま、本当にありがとうございました!

************************************
Last Saturday, I held a running seminar at the trail running race in Niigata. In first 45min, I explained about special gears for trail running.

Then, we went to outside and had running together with explanation some tips of running. At the shine on the trail, we made an invocation for safety running.

I had an excellent time with all. Thank you very much for all!!!

新潟トレラン普及委員会。

トレイルランニングを愛する人々が、想いを形にすべく、新潟で立ち上げました。

その新潟トレラン普及委員会主催のトレイルランニングレースが今週末、新潟市秋葉丘陵で開催されます。

11月26日(土)は講習会で講師として、翌27日はゲストランナーとして参加させていただきます。

10キロ100名、25キロ100名、ボランティア約50名の大会です。委員会、ボランティアのみなさまの熱い想いが、今年はどんな花を咲かせるのでしょうか、本当に楽しみです!

*********************************
Niigata trail running propagation committee,

it’s started by those who love trail running in Niigata to realize their dream.

In this weekend, this committee organizes a trail running competition in Akiha hills, Niigata.

On 26th, as a lecture instructor, on 27th as a guest runner, I’m gonna join them.

Each participant to 10km & 25km would be 100 and about 50 volunteers compose this competition. In this weekend, the committee and volunteers, both imaginations will come true. I’m so excited!!!

全員集合!

祝日であった23日から今日まで、タイ在住のお友だち夫妻が遊びにきてくれました!

3月、地震の前日に二人に初めてお会いしました。その後、夫妻は出産のためにスウェーデンへ帰国。今はタイに住んでいらっしゃいます。

我が家の国際化がまた一歩すすみました~

********************************
From 23rd till today, friend family who lives in Thailand visited and stayed our home.

We met and had dinner together with 5 of us in March on the day before the earthquake. Now we are 7 since both have a baby! After we met, they left to Sweden to give a birth and then moved in Thailand, afterwards.

Our family’s globalization goes father this time!